本国の美容外科の歴史の中で、美容外科が「紛れもなく正式な医療」

本国の美容外科の歴史の中で、美容外科が「紛れもなく正式な医療」だとの見識を手中に収めるまでには、案外長くかかった。
屋外で紫外線を浴びたときにできるだけ肌のダメージを抑える方法は3つ。1.日焼けしたところを冷やす2.たっぷりとローションをパッティングして保湿する3.シミ予防のためにも剥がれてきた皮をむいては絶対に駄目
顔色を良く見せたいと考えた挙句に自己流マッサージをしてしまう方がいらっしゃいますが、こと目の下の皮膚は敏感で繊細なので、ゴシゴシと強く大雑把な粗っぽいフェイシャルマッサージは止めておきましょう。
美容外科(plastic surgery)は、要するに外科学の一分野で、医療に主眼を置いた形成外科学(plastic surgery、plastic…形を作る、surgery…外科)とは別のものだ。また、整形外科と早とちりされがちであるがこれとは全く違う分野のものである。
目の下に大きなたるみがある場合、全ての人が実際の年齢よりだいぶ老けて映ってしまいます。顔の弛みは色々ありますが、中でも下まぶたは一番目立つ部分です。

頭皮ケア

最近再注目されるようになった頭皮ケアはまたの名をスカルプケア(scalp care)とも呼ばれているお手入れ方法です。頭皮は髪のトラブルの代表である「脱毛」「薄毛」などに深く関わっていると同時に、顔のたるみにも悪影響を及ぼすのです。
肌の乾燥による痒みの要因の大方は、老化によるセラミドと皮脂の量の下落や、ハンドソープなどの頻繁な使用に縁る肌のバリア機能の無力化によって誘引されます。
例を挙げれば…今、このサイトを眺めながら頬杖をついているかもしれませんね。実はこの癖は手のひらからの圧力をダイレクトに頬に与えて、肌に対して余計な負荷をかけることになります。
アトピー因子:家族の病歴と既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん)のうち何れか、若しくは複数)、IgE 抗体を作りやすい誘因、等。
たとえば…あなたは今、パソコンを見つつ頬杖をついたりしているのでは?この行為は手の力を全開で頬に伝えて、皮膚に対して大きな負担をかけることに繋がっています。

内臓矯正(軟部組織マニプレーション)というのは周辺の筋肉や骨格のせいで位置が不安定にあってしまった内臓を元々収まっていたであろう所に返して内臓の作用を元に戻すという治療法です。
メイクの長所:自分自身の顔がちょっと好きになれること。顔に点在しているニキビ跡・黄ぐすみ・毛穴の開き・ソバカス・傷等を隠すことが可能。日を追うごとに素敵になっていく新鮮味。
化粧の短所:皮膚への影響。毎朝化粧するのが面倒でたまらない。化粧品代がやたらとかかる。物理的刺激で皮膚が荒れる。化粧を直したりフルメイクをするので時間の無駄だということ。
トレチノイン酸療法は、目立つ濃いシミを数週間単位で薄い色に和らげるのに格段に優れている治療法で、中年以降にみられる老人性色素斑(老人性しみ)・光治療の効かない炎症後色素沈着(PIH)・肝斑(かんぱん)・赤く残ってしまったにきび跡などに効果があります。
美白(びはく)という美容法は2000年より少し前に化粧品会社創業者・鈴木その子が必要性を唱えて流行したのは記憶に新しいが、それよりももっと以前からメラニン色素の増加が原因の皮ふトラブル対策のタームとして使用されていたようだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする