美容誌でリンパ液の滞りの代表格みたいに説明されている「むくみ」

よく美容誌でリンパ液の滞りの代表格みたいに説明されている「むくみ」には大きく2種類に分けると、身体に病気が潜伏している浮腫と、病気ではない健康な人にも現れるむくみがあるのだ。
辛い湿疹や掻痒が出るアトピー性皮膚炎の素因としては、1.腸内や表皮、肺、口腔内などのフローラ(細菌叢)、2.遺伝的な要因、3.食物の栄養、4.環境、5.前述した以外の見解などを列挙することができる。
明治時代の末期、異国から帰ってきた女たちが、洋風の髪型、洋風の服装、洋式に使う化粧品や化粧道具、美顔術などを日本に持ち込んで紹介し、これらを新たに表現する言葉のひとつとして、美容がけわいの後釜として扱われるようになったのだ。
美白用化粧品だと容器パッケージなどでアピールするためには、薬事法を制定している厚労省に許可されている美白有効物質(よく用いられるのはアルブチン、こうじ酸等)が混ぜられている必要があるそうだ。
アトピーという病気は「限定されていない場所」という意味を持つ「アトポス」というギリシャの言語を語源とし、「何かしらの遺伝的な原因を保有している人のみに発病する即時型のアレルギー反応に基づいた病気」の事として名前が付けられたと考えられている。

加齢印象

加齢印象を与える代表的な原因の一つが、歯に付着した”蓄積くすみ”です。一見ツルツルしている歯の表面には、目には見えないくらい小さな凹凸があり、暮らしの中でコーヒーなどによる着色や食物カスなどの汚れが溜まっていきます。
頭皮の状況が悪くなっていると感じる前にしっかりとお手入れをして、健康的な頭皮を保ったほうがよいでしょう。悪化してから気を付けたとしても、改善までに時間を要し、加えてお金も手間も要ります。
何はともあれ乾燥肌が毎日の生活や環境に大きく関係しているということは、いつもの身のまわりの癖に注意さえすればほぼ全てのトラブルは解消します。
皮膚の美白ブームは、90年頃からあっという間に女子高生などに知れ渡ったガングロなど、異常に日焼けする渋谷系ギャル文化への反論とも取れる意味合いが入っている。
「デトックス」というワード自体は目新しくはないが、健康法や代替医療として捉えており、異なることを把握している人は多くないらしい。

今を生きる私達は、一日毎に体内に溜まっていく怖い毒を、多様なデトックス法を使って体外へ出し、どうにかして健康な体を手に入れたいと皆努めている。
加齢印象を強くする中心的な元凶のひとつが、歯に蓄積したクスミです。歯の表層には、見えないデコボコがあり、日々の暮らしの中で茶色い着色や煙草のヤニなどの汚れが固着していきます。
メイクの欠点:涙が出てしまうとあたかも阿修羅のような怖い顔になってしまう。ほんのちょっと多くなっただけで派手になってしまい地雷を踏んでしまう。素顔をごまかすには限界というものがあること。
アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)を投薬だけで良くしようというのは残念ながら無謀な事です。生活習慣や楽しめる趣味など暮らし全般の考えまで共有した診察が重要だと言えるでしょう。
審美歯科(cosmetic dentistry)とは、美しさに重きを置いたトータルな歯科医療のひとつ。歯の存在意義には物を噛み潰すなど機能的な側面と、審美面があり、双方健康面においてはとても重要な要素だと考えることができる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする